昇降式 スタンディングデスク BHD-700 / 1000H / 1200H | 商品詳細

SPACE DESIGN ONLINE SHOP Since 2008 おかげさまで、お取引件数4,000件!

お探しの商品在庫の有無、各種送料や配送スケジュール等のご確認は、こちらのお問い合わせフォームから、又はshop@space-design.infoへメールで、ご連絡をお願いします。※弊社休日を除き、48時間以内に回答させて頂きます。
新規会員登録で3%OFFクーポンプレゼント イームズ特集 商品についてのお問い合わせ 関東エリア家具組立サービス
ソファ特集 Space Design Blog facebook

昇降式 スタンディングデスク BHD-700 / 1000H / 1200H

型番BHD-700 / BHD-1000H / BHD-1200H
販売価格13,688円(税込)〜(商品によってサイズ・タイプで異なります)
購入数
カラー
サイズ
ご利用可能なクレジットカード

※お支払いは一括払いまたは分割払いがご利用頂けます。

» メールが届かない場合には、ショートメールでご連絡するため、必ず携帯番号のご記入をお願いいたします。
» ご注文時、ご登録メールアドレスが「@softbank.jp」、「@ezweb.ne.jp」や「@docom.ne.jp」の場合、
 メールが届かない場合がございますため、
「@softbank.jp」、「@ezweb.ne.jp」や「@docom.ne.jp」以外のメールアドレスのご登録をお願いいたします。

» 一部消費税5%の金額表示の商品がございますが、実際は8%での販売となりますのでご了承下さい。
» 在庫切れの場合その旨メールにてお知らせ致しますので何卒ご了承ください。
 事前にご確認頂く際にはこちらからお問い合わせください。
» 送料に関して、沖縄及び離島にお住まい方はカートに入れる前にこちらをご確認ください。
» ソファーとオットマンなど商品ページの写真と選択した商品が異なる場合がございますので、ご注文時にはご注意ください。
» カラー・サイズ・タイプの価格詳細はこちらをクリック頂くか、
 下記の「販売価格詳細 (クリックしてください)」からご確認いただけます。

販売価格詳細 (クリックしてください)

サイズ:70cm幅

カラー: ブラック 13,688円(税込)
カラー: ホワイト 13,688円(税込)

サイズ:100cm幅

カラー: ブラック 17,413円(税込)
カラー: ホワイト 17,413円(税込)

サイズ:120cm幅

カラー: ブラック 21,146円(税込)
カラー: ホワイト 21,146円(税込)
スピード出荷 代引不可 時間指定 午前午後指定 離島配送不可 北海道・離島送料別 アイコンの説明はこちら

送料は下記エリア以外は無料になります。
北海道:一律2,300円(税抜き)
沖縄県、離島:出荷不可

コンセプト

高さを変える。姿勢が変わる。しごとが変わる。
デスクの昇降によって、身体的な姿勢の変化を取り入れることで、
しごとの能率アップやリフレッシュなどメンタル面での変化を生みだすというコンセプトの新しいデスクです。

<単なる立ち仕事ではない>
スタンディングデスクは単なる「立ち仕事」ではなく、眠気を解消したり、思考をリフレッシュしたり、
運動不足の対策にと、様々な目的で使えるアイテムです。まずは一日30分、立つことから始めてみませんか。

<入門向きスタンディングデスク>
海外企業では広く普及しているスタンディングデスクですが、日本国内ではまだまだ認知度が低いようです。
本製品は日本の家庭でも使いやすいコンパクトサイズに設計していますので、初めてスタンディングデスクを導入されたい方にもおすすめです。
※欧州ではEU指令の元、上下昇降式デスクの使用を奨励

機能まとめ
使い方まとめ

座り姿勢から立ち姿勢に変化させたいときに、天板の高さを昇降させることができます。
昇降をする際にはストッパーを解除して天板を上下に調整しましょう。
はじめは肩に力をいれず、気のおもむくままに姿勢を変化を試してみましょう。
脚部には目盛りがついているのでかんたんに自分の身長に最適な高さに設定することができます。

上下昇降

上下昇降機能により、立ち姿勢はもちろん座り姿勢でも使用することができます。
また無段階昇降を採用しているため、身長に合った高さに微調整が可能です。立ち姿勢では理論上、身長119~184僂紡弍します。(※)
※キーボードを使用する場合の理想の高さ基準

天板サイズとカラー

天板サイズは70cm幅、100cm幅、120cm幅の3タイプ。
幅広の120cm幅モデルはオフィス利用で最も一般的なサイズとされています。
100cm幅、120cm幅のモデルはデュアルモニターを余裕をもって配置できる幅です(24インチの場合)。
カラーはブラックとホワイトの2色。白天板には空間を明るくする効果があります。

天板下の収納

天板部分が高くなる分、その下の空間が活用できます。
背部パイプにハンガーを吊り下げることができ、職場で脱いだ上着をかけるハンガーラックとしてもつかえます。
脚部サイドについているパンチング板を活用することで、
ごちゃついてしまいがちな配線やタップをすっきりと整理することができます。
S字フックにカバンを掛けるのもおすすめです。

グラつきのない構造

背の高いデスクなので、デスクの安定性には特にこだわりました。
グラつきを防止のため、4つの安定化パーツを配置しています。クロスバーは足を伸ばすには邪魔になることがあります。
耐荷重には影響を与えないパーツですので、グラつきが気にならない方は省いてもらっても大丈夫です。

キーボードスライダー

快適で安定したタイピングを実現するため、スライド部分の安定性も確保しました。
スライドの上で書き物ができるほどの安定性があります。
稼働部もスムーズに収納、引き出しができ、ストレスなくご使用いただけます。
キーボードスライダーがあることで、パソコンモニタから目線の距離を十分にとることにも役立ちます。
パソコンモニタから目までの距離を40cm以上を保ち、正しい姿勢を意識しましょう。

天板

微粒面でざらざらとしたマットな仕上がりの加工となっております。
光学式マウスに反応しやすく、見た目も落ち着きのある印象に仕上げています。

オフィスチェアもすっきり収納

脚部の底板はオフィスチェアを収納したときに邪魔にならないよう、脚の奥側になるよう配置しています。

おすすめ設置場所

オフィスで

自宅で
スタンディングデスクの導入に興味はあるけど、オフィスに取り入れるのは難しい。
という方でも自宅での導入でお試しすることができます。
在宅ワーク、SOHOの他、イラストレーターや漫画家など自宅での長時間のデスクワークを避けられない方にも人気があります。

倉庫、ガレージ、工場で
活用できる場所はオフィスや自宅だけではありません。例えば、弊社の倉庫でもスタンディングデスクを活用しています。
荷受けのメモをとる際や作業道具を置く台として立ち作業の多い倉庫で好評です。
天板の下にラックを設置することで、収納力を拡張させるアイデアも。

正しい姿勢の作り方

スタンディングデスクで「正しい姿勢」を意識する
座っているときより立っているときの方が正しい姿勢を維持しやすくなります。
背筋をピンと伸ばし、腰のS字カーブを意識しましょう。

スタンディングデスクって効果あるの?

スタンディングデスクは病気を治したり、身体の痛みを劇的に改善してくれるものではありません。
一日30分から立つ習慣をつけることで、良い姿勢づくりのきっかけにしたり、
仕事の能率を高めるお手伝いをするための道具です。

スタンディングデスクで「猫背」を防止
長時間椅子に座っているとついつい猫背になりがちです。
猫背になってるな、と思ったらスタンディングデスクで立ち仕事。姿勢も思考もリフレッシュしましょう。

正しい姿勢で「腰痛対策」
スタンディングデスクの効果を最大限に発揮するために、正しい姿勢を意識しましょう。
立ち姿勢では肘を直角から少し開いた状態でキーボードが手元にくるようにスタンディングデスクを高さを調整します。
脚部についている高さ調整目盛りも利用して細かく高さを調整することができます。
モニターアームを設置し、画面が視界の正面にくる高さに調整しましょう。
背筋がS字カーブを描く姿勢が理想的なフォームになります。
正しい姿勢をキープすることは集中力を高めるだけでなく、腰痛の予防にもつながります。

時間で使い分けて「集中力向上」
まず立ち仕事を取り入れたいのは「朝一番」と「ランチ直後」。この時間に眠気でウトウトしてしまった経験は誰にでもあるものです。
スタンディングデスクで眠気を吹き飛ばしましょう。メールチェックなどスピードが求められる単純作業は立ち仕事で、
じっくり検討したい案件は座り仕事で、という風に仕事内容で使い分けるのもおすすめです。
スタンディングデスクを上手に活用するコツは無理して長時間の立ち姿勢でガマンをするのではなく、
「同じ姿勢」で長時間いることを避けることです。長時間の飛行機のフライトでエコノミー症候群になってしまうのと同じ理屈です。

好きなときに、好きな高さで

一般的にデスクの高さは床から70cmほどで設計されています。
これは1971年に制定されたJIS規格を基準にしたものですが、
40年以上も昔の規格にいまだに日本のオフィスは縛られているのです。
これからは自分の働き方にデスクの高さを調整していく時代です。

デスクトップPC
モニターアームを設置することで、モニターを視界の正面に設置できるようになります。
机の高さとモニターの高さを適切に調整することで自然と正しい姿勢をキープしやすくなります。
縦方向に高さを調整できるタイプのアームがおすすめです。

ノートPC
ノートPC派の方は、パソコンスタンドと無線キーボードを使用することで目線が高くなり、正しい姿勢を設定しやすくなります。

スタンディングデスクで健康経営

スタンディングデスクをおすすめしたい人
スタンディングデスクは腰痛や肩こりといったデスクワーク病にお悩みの方におすすめです。
原因はしごと中の姿勢にあるかもしれません。

オフィス導入のすすめ
社員の健康改善や能率アップを期待して、IT系企業を中心にスタンディングデスクを導入する企業が増えています。
弊社は50人規模の中小企業ですが、私を含め4名がスタンディングデスクを利用しています。
使い方は一日のほとんどを立っているタイプ、ここぞという時にだけ立ち姿勢になるタイプなど様々ですが、
能率アップなど効果を実感して継続して使用をしています。
それぞれが自分のワークスタイル合わせて、自由にデスクの高さを調整してしごとに取り入れています。
海外と比較して日本の企業ではまだスタンディングデスクの認知度は高いとは言えませんが、
今後新しいワークスタイルのひとつとして定着していくと見られています。

健康経営とは
スタンディングデスクは健康経営という観点からも注目されています。
健康経営とは企業で働くワーカーが身体的な健康面だけでなく、社会的・精神的に良好であり、
個々の能力を最大限に発揮できるオフィスづくりを目指すことです。
スタンディングデスクを導入することによりメタボ、腰痛、各種疾患の予防など身体的な健康面の改善を狙うだけでなく、
創造性を高める効果があるという期待から海外企業にはじまり日本でも導入する企業も増えてきました。
また、優秀な人材の採用がますます困難になっているという状況から、残業などの労働条件に加え、
健康的に働くことができるオフィス空間をアピールする企業も増えており、そうした面からもスタンディングデスクが注目されています。

立ちしごとの運動効果

立ちしごとによって、ダイエット効果はあるのでしょうか。
座ってしごとをするよりも、立ってしごとをする方がエネルギーの燃焼が大きいとされています。
エネルギー消費の指標をもとに、一般的な男性が60日間立ちしごとをした場合にどの程度の運動量になるのか、
座りしごととの比較を3つのパターンでシミュレーションしてみました。(※実際に行った調査ではなく計算上での想定になります。)

【プロフィール】
Aさん
年齢:34歳
性別:男性
身長:170cm
体重:70kg ぽっちゃり体型

例えば、Aさんが一日3時間立ちしごとをした場合、
60日間で座っていたときと比較しておよそ7,000kcal分の消費カロリーに差ができるという計算結果となりました。
単純計算するとランニング12時間分、ごはん茶碗30杯分に相当する運動量ということになります。
ただし、実際にはその人の筋肉量だったり、どの程度思考が必要な業務を行うかなど様々な要素が影響するのでこの通りとはいえません。
あくまで計算上の数値となります。実際にスタッフが使用したレビューは下記になります。

Spec
カラー
BHD-700 / 1000H / 1200H:ブラック
BHD-1000H-WH / 1200H-WH:ホワイト
寸法
BHD-700:
幅700mm×奥行き450mm(450~725mm)×高さ755mm(755mm~1175mm)
BHD-1000H:
幅1000mm×奥行き450mm(450~725mm)×高さ755mm(755mm~1175mm)
BHD-1200H:
幅1200mm×奥行き450mm(450~725mm)×高さ755mm(755mm~1175mm)
【スライドの天板サイズ】
BHD-700:幅400mm×奥行き300mm
BHD-1000H / BHD-1200H:幅700mm×奥行き300mm
重量
BHD-700:13.4kg
BHD-1000H:17.5kg
BHD-1200H:19.3kg
構造部材
天板:合成樹脂化粧繊維板
脚部:金属(スチール)
耐荷重
40kg未満
希望小売価格
BHD-700:19,500円+税
BHD-1000H:26,000円+税
BHD-1200H:オープン価格
JANコード
BHD-700:4589946132298
BHD-1000H:4589946134193
BHD-1000H-WH:4589946136579
BHD-1200H:4589946136616
BHD-1200H-WH:4589946136623
カートン入数
1
梱包サイズ
BHD-700:H200×W770×D476mm 約2.6才
BHD-1000H:H200×W1070×D476mm 約3.7才
BHD-1200H:H200×W1270×D476mm 約4.3才
表面加工
天板:塩化ビニル樹脂
脚部塗装部:エポキシ粉体塗装
脚部メッキ部:クロームメッキ
Size

※一部製品に貼付されている品質表示ラベルの表記と当寸法図のサイズに相違あるものがございますが、当製品ページに掲載されているものがより正しい数値となります。

型番BHD-700 / BHD-1000H / BHD-1200H
販売価格13,688円(税込)〜(商品によってサイズ・タイプで異なります)
購入数
カラー
サイズ
Shopping Cart カートの中身
カートの中に商品はありません
Blog ブログ
相楽 喜一郎(さがら きいちろう)

住まいを彩る、おしゃれで大きなデザイナーズ家具(インテリア)専門店、SPACE DESIGN ONLINE SHOP SINCE 2008の店長の相楽です。 住まいと環境、夢を形にするデザインオフィスSPACE DESIGNが2008年から選んだ、おしゃれでちょっといいデザイナーズ家具を提案しています。 デザイン力のあるソファーやベッドなどおしゃれなインテリアの力で、カラダにいい、素敵な毎日を送っていただける、まさに住まいを彩る、家具になると信じてます。 一人暮らしや6畳、8畳にマッチするソファーやベッドに限らず、住まいを彩る、面白いインテリアや今日から使える家具はこちら
ブログはこちら

カレンダーの色のお日にちは定休日となっております。
ご連絡等に関しましては翌営業日となっております。
営業時間/10:00〜17:30

RSS ATOM
一人暮らしやインテリアコーディネートをお考えでしたら、ご相談ください
閉じる